完全会員制でゆったり利用できるところがサテライト横浜の特徴の1つです。

全国の競輪サテライトまとめ-ヘッダー画像

サテライト横浜

住所:神奈川県横浜市中区桜木町1-1 ぴおシティ B2F・9F・10F

 

メイン発売所:川崎、小田原、平塚

 

併設施設:オートレース場外

 

特徴:完全会員制の場外車券売場

 

完全会員制なのでゆったり楽しめる

横浜のイメージサテライト横浜は、桜木町駅の地下道直結ビルに入った競輪オートレースの場外車券売場です。

 

完全会員制を採用していて、会員になるには入会金1,000円、年会費2,000円が必要になります。(本会員証発行には3日ほどかかるが、会員登録した即日から利用可能)

 

かつては完全会員制の競輪場外車券売場が全国に点在していましたが、昨今は来場客離れの影響で一部エリアに限定して一般(ビジター)の受け入れを行っているところが増えています。

 

サテライト横浜は会員にならないと利用できないので、初めて利用する方は注意が必要ですが、既存会員からは人の出入りが少ないので、ゆったり利用できると好評です。

 

 

豊富なイベントを開催

サテライト横浜では定期的にオリジナルグッズ抽選会や優勝者当てコンテストなど、幅広いイベントを開催しています。
競輪場の本場では多彩なイベントが行われていますが、サテライトで来場客向けのイベントを行っているケースは珍しいです。
たくさん利用するほどオリジナルグッズを受け取れるチャンスが大きく、競輪ファンにはたまらない取り組みです。
一部では、イベントを目当てにネット投票ではなくサテライト横浜まで足を運んでいる常連客もいるようです。

 

 

フロア一覧

地下2階

キャッシュレスコーナー

 

2階

入場ゲート・売店、チケット(有料席券)売場

 

9階

受付、インターネットコーナー、チャリロト端末、一般席

 

10階

有料指定席、フリードリンクコーナー
1席1日2,000円

 

サテライト横浜は、一般席の9階と有料指定席の10階によるシンプルな構成になっています。

 

10階指定席はフリードリンクコーナーが用意されています。サテライトの年間売上ランキング上位に入りますが、施設が極端に広いわけではなく、設備も特別な特徴がありません。

 

サテライト横浜は桜木町駅すぐそばの好立地が人気を集める最大の要因になっています。

 

 

 

同じビルに場外馬券売場も入っている

ボートレースの選手サテライト横浜の入っている「ぴおシティ」の中には、川崎競馬場を中心に地方競馬の場外発売を行っているジョイホース横浜が入っています。

 

同じビルですが運営および施設が完全に独立しているため、相互利用はできません。

 

ジョイホース横浜も完全会員制になっているので、両方をハシゴする場合はそれぞれの会員証が必要です。

 

また、ビルの外には徒歩5分程度でJRAの場外発売を行うWINS横浜があり、隣の駅の関内・桜木町周辺には競艇の場外発売を行うボートピア横浜があります。

 

サテライト横浜を利用している方は、競馬や競艇など幅広い公営ギャンブルを行っている方が多いです。